作品紹介

活動紹介

過去の活動記録

フイチンさん

上田トシコさん原作の漫画がアニメになりました!

フイチンさんは、昭和32年から37年までの5年間、 『少女クラブ』に連載された漫画です。
作者の上田トシコさんは、2008年3月に90才でお亡くなりになられましたが、最期の時まで現役であり続けました。

fuitingenga001

fuitin001  fuitin002

fuitin003  fuitin004

フイチンさん予告編


制作 株式会社エクラアニマル

スタッフ

原作:上田 トシコ/企画:本多 敏行
監督:湖山 禎崇/プロデューサー:豊永 ひとみ

キャスト

フイチン:柳沢 三千代 / リイチュウ:笹本 優子 / チンナイ:氷上 恭子
緒方 賢一/鈴木 れい子/塩屋 翼/西村 知道/ 山岸 功/寺田 はるひ
山崎 バニラ/加藤 奈々絵/ 葉月 絵理乃/青山 桐子/大野 エリ/家中 宏
小林 和矢/小田 久史/間島 淳司/松来 未祐/ 大黒 優美子



フイチンさんの人物紹介
fuitin001

リュウタイ家のおぼっちゃま。
「ピアノの先生にもフイチンにもツーンよ」

fuitin002

ばあやのむすめ
「フイチンさまぁ、わたくしどこまでもついていきますわ」

fuitin003

リィチュウのペット。「キャンキャン!」

fuitin004

リュウタイ家の主人。
「子供は外で元気に遊ぶのがいちばんじゃ」

fuitin005

チンナイのおばあちゃん。
リィチュウぼっちゃまのお世話はうちのチンナイに
おまかせくださいまし」

fuitin006

フイチンのおとうちゃん。
「フイチン、ぼっちゃまにそそうのないようにね」

fuitin007

キュウイ。「アイヤァー!ぼっちゃまー!」

fuitin008

チャン。「フイチンらしくないね」

fuitin009

リュウタイ家の第三婦人。リィチュウのおかあさん。
「フイチンなんかにリィチュウはまかせられませんわっ!」

fuitin010

ウイ家弟。
「ぼくあんな身分のひくい子とあそぶのはいやだな」

fuitin011

ウイ家姉。「ツーン」




上田トシコさんの経歴紹介
大正6年(1917)

東京生まれ。生後40日で満州のハルピンに渡る。
小学校卒業と同時に日本に帰る。
この頃、「松本かつぢ」のまんが「ポクちゃん」を見て、まんが家を志望

昭和10年(1935)

満州のハルピンに戻り満州鉄道局に勤める。
ハルピン日日新聞に転職して終戦。

昭和20年(1945)
28歳

終戦。1年間、満州に抑留の身になる。
終戦の荒廃の中で、まんがの絵が周囲の人々を明るくする事、喜ばれる事を実感する。

昭和21年(1946)

10月、日本に引き上げ。

昭和26年(1951)
34歳

9月『少女ブック』創刊。創刊号より「ぼくちゃん」連載開始。(~33年12月)
この時期『少女の友』『ひまわり』『少女』『女学生の友』などに描きまくる。

昭和30年(1955)
34歳

9月『りぼん』創刊。創刊号より「ぼんこちゃん」連載開始。(~36年12月)

昭和32年(1957)
40歳

『少女クラブ』で「フイチンさん」連載開始。(1月~37年3月)まんが史に残る名作となる。

昭和33年(1958)
34歳

『平凡』で「お初ちゃん」連載開始。(2月~44年4月)11年間に及ぶ長期連載人気作品となる。

昭和35年(1960)

「フイチンさん」が第5回小学館児童漫画賞を受賞。

昭和48年(1973)
56歳

『『明日の友』に「あこバアチャン」連載開始。
29年後の平成14年現在も連載継続中。

平成1年(1989)

「あこバアチャン」が日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。
著作権法100年記念会より特別功労者文化賞を受賞。

平成15年(2003)

日本漫画家協会文部科学大臣賞を受賞。